ビルに自動制御を取り入れる|環境をよくするためにも行動をする

省エネの心

太陽光発電

省エネを実現するための様々な方法とは

製造業の現場で省エネに向けての努力を進めることで、経費を削減することが可能である。また専門のコンサルタントを活用することで、業種や工場の規模に合わせて、最も効率的な省エネのプランを見つけられるであろう。特に工場であれば日当たりの良い屋根があるケースが多いので、太陽光パネルの設置や空調管理を自動制御するシステムが最も効果的であろう。太陽光パネルや自動制御システムなどを設置することで、工場内の空調や照明機器の電気代を節約することも可能である。またクリーンなエネルギーであるので、環境保全にも協力的な企業という印象を与えることも可能である。また消費電力の少ない最新式のプラントを導入したり、新しいタイプの空調設備の導入によっても、電気代を節約できるであろう。

地道な努力で光熱費を節約する方法

工場の設備の一新によって省エネを実現する場合には、設備投資の費用が膨大である点が難点である。しかし従業員一人一人の自覚や経営者の創意工夫によって、大幅な省エネを実現することもできるであろう。特に昼休みにこまめに消灯するなど、照明設備の管理をしっかりと行うだけでも、電気代を着実に減らすことが可能である。また季節や時間帯に合わせて空調設備をこまめに調節することで、電力消費を減らせるであろう。そして工場内の生産ラインの配置を見直すことによっても、簡単に省エネが実現できるのが魅力的である。特に配管の短縮化や廃熱の再利用などの努力によっても、製造現場のエネルギー効率の向上と生産コストの大幅カットも実現できるであろう。

制度の利用

作業員

生活だけでなく省エネにも補助金制度があります。ビルでの省エネ対策では設備の導入が多く、経費がかかりますので補助金制度はとても助かります。また制度の情報だけでなく、設備の組み合わせについての情報も見ておく必要があります。

二酸化炭素も注目

住宅

省エネというと電力のイメージがありますが、二酸化炭素にも注目することが必要になります。家庭用も企業ビル用も省エネ設備は慎重に選んで、省エネ対策に取り組むと良いでしょう。